calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

categories

archives

グローバルWiFi

Yahoo!トラベル

モルディブ3日目 トラギリアイランドリゾート

0

    JUGEMテーマ:楽しい海外旅行

    JUGEMテーマ:南の島でバケーション!

     

    モルディブもついに3日目になりました。前回に引き続きモルディブについて書きたいと思います。

     

    本日はモルディブ2日目の続きで、いよいよリゾート島トラギリアイランドリゾートに到着ですニコッ

    水上コテージに止まったので、朝は朝日を見るためにちょっと早起きして6時くらいに起きました。

     

    そういえば、寝る時にちょっと気になることが。

    このホテルのベットですが、掛布団みたいなものがありません。

    シーツみたいなものがベットの上にのせてあるだけです。

    寒い人向けなのかもしれないですが、なぜか離れた椅子の上に毛布がかけてありました。

     

    モルディブは1年中気温が30度くらいなので布団がなくても寒くはないのですが

    Q太は体の上になにかをかけないと落ち着いて寝られないので、ちょっと暑いかもっと思いながらも、椅子に掛けてあった毛布をかけて寝ました。おかけで安心してぐっすり寝れたのですが、寝起きは結構汗をかいてる状態でした汗

     

    この日は朝日のためにがんばって朝早く起きたのですがちょっと雲が多かったので

    雲の切れ間から太陽が少し顔を出すといった感じでした。

     

    ずっと太陽があがるのを待っていたら結構時間が過ぎてしまって、7時半近くkyu

    モーニングブッフェの時間になってしまいました。

     

    ここの食事は味が単調だからマヨネーズや醤油を持って行ったほうがいいという前情報により

    マヨネーズと醤油を持参してブッフェ会場に向かいます。

    ここのブッフェ会場ですが、基本的に最初の日に案内された席で最後までずっと食事をすることになります。

    なので、もうちょっと海際がいいなどの希望があったら席に通してくれる人に交渉してみるといいと思いますが、

    このリゾート島には日本人のスタッフがいないので英語で交渉しないといけません。

     

    ブッフェレストランが食べられる場所。海際に続いている黒い影みたなものはすべて大量の魚たちでした。

     

    モーニングのブッフェ会場ではディナーの時よりもドレッシングの種類が少なかったので

    マヨネーズは持参して正解でした。

     

    醤油は魚料理で使うかなと思ったのですが、焼き魚にも独特の香辛料みたいなもので味付けされていたので

    こちらは使ういことはありませんでしたあせ

     

    この日は、島のいろいろな場所で写真撮影をしたり、軽くシュノーケリングをしたりしていたら

    あっという間に夕方16時のナイトフィッシングの時間になったので、急いで待ち合わせ場所に向かいます。

    ナイトフィッシングは結構人気があっておよそ30人くらいの人がすでに待っていました。

     

    こんなにたくさんの人がボートに乗れるのかなと心配していたのですが、

    ボートは3艘くらいに分かれて出発したので1艘にはおよそ10人くらいでした。

     

    中国系の人が多かったのですが、同じ国通しの人が同じ船に乗ることになっているらしく、

    Q太たちはもう一組いた日本人カップルとドイツやタイの人たちを同じボートに乗ることになりました。

     

    このナイトフィッシングのアクティビティですが、結構揺れるのでかならず酔い止めの薬を飲んで参加したほうがいいです。

    Q太たちのメンバの中にも船酔いのせいで魚を釣るのをあきらめてぐったりしている人が何人かいました。

     

    次回、このナイトフィッシングについてもう少しくわしく書いてゆきたいと思います。

     


     


    コメント
    コメントする